MYCOTOXINS


HOME
お知らせ


KNOWLEDGE
マイコトキシンとは

JSM MYCOTOXINS
学会誌


SYMPOSIUM
学術講演会


WORKSHOP
セミナー


ORGANIZATION
組織・沿革


MEMBERSHIP
入会・会則・表彰


LINK
リンク

マイコトキシンとは・・・  

マイコトキシン(mycotoxin、カビ毒、真菌毒)とは、「カビが産生する二次代謝産物でヒト、動物に疾病あるいは異常な生理活性を誘発する化学物質群」の総称です。アスペルギルス (Aspergillus)属、フザリウム(Fusarium)属、ペニシリウム(Penicillium)属)のカビ(真菌)が主な生産菌です。マイコトキシンには、分子量が1000以下で、加熱に比較的強く、中性から酸性領域で安定な低分子化合物が多く含まれます。

また、マイコトキシンに起因する疾病はマイコトキシン中毒症(mycotoxicosis、マイコトキシコーシス、カビ毒中毒症)と呼ばれ、マイコトキシンに汚染された食品あるいは飼料の摂取によって引き起こされます。マイコトキシンによる主な健康被害を下図に示しましたが、世界各地で発生しています。マイコトキシンは様々な生理活性を示しますが、近年では急性毒性よりむしろ発ガン性に代表される慢性毒性による健康への影響が問題となり、食品衛生上重要な課題となっています。


 代表的なマイコトキシン
 マイコトキシン  主な汚染食品 主な毒性・症状 
アフラトキシン B1, B2, G1, G2  ナッツ類、トウモロコシ、 米、麦、綿実、香辛料 肝ガン、肝障害、免疫毒性  
アフラトキシン M1  牛乳、チーズ
オクラトキシンA  トウモロコシ、麦、ナッツ類、 ワイン、コーヒー豆、レーズン、ビール、豚肉製品 腎障害、腎ガン、免疫毒性、催奇形性 
トリコテセン系
DON, NIV, T-2, HT-2
 麦、米、トウモロコシ  消化器系障害、免疫毒性、IgA腎症
フモニシン  トウモロコシ  ウマ白質脳炎、ブタ肺水腫、肝臓ガン
ゼアラレノン  麦、ハトムギ、トウモロコシ  エストロゲン様作用
パツリン  リンゴ、リンゴ加工品  消化器出血

アフラトキシンB1は強力な発ガン性物質で穀類、種実類、香辛料などからの汚染報告があります。オクラトキシンAについては世界各地から産生菌が検出され穀類、豆類など多くの食品を汚染し、腎障害などを引き起こしています。植物病原性のあるフザリウム菌によって作られるトリコテセン、フモニシンやゼアラレノンなどは圃場で農作物を汚染することがあります。リンゴの腐敗菌が生産するパツリンはリンゴの貯蔵中に蓄積が進むと考えられます。

このように、圃場、輸送、貯蔵など様々な段階でのカビの侵害により、農作物や食品がマイコトキシンに汚染されます。圃場では天候不順によって汚染の機会が増し、また収穫後の輸送、貯蔵での十分な温度、湿度管理には膨大な経費を伴うことから、現状では汚染をゼロにすることは極めて困難です。一方、ごく微量汚染した食糧を全て廃棄し、食糧不足をきたすのも問題です。したがって、汚染状況のモニタリングを常に実施し、その汚染が人の健康に影響しない量であることを確認し、日常的に食品の安全性確保に努めることが重要となります。

研究の成果・動向

マイコトキシン研究は菌学、分析化学、毒性学など極めて学際的な領域におよびます。当学会は、この学際的な領域での調査、研究発展のための交流、協力の場として貢献してきました。また、近年、食の安全性への国際的な関心の高まりやリスク評価の国際的な基準化の流れは、わが国においても、2003年に小麦のデオキシニバレノールに新たなガイドライン、2011年に食品における総アフラトキシンの指標が設定されるなど顕著となっています。これらのガイドラインの設定とその公定法の開発にあたっても、当学会における研究成果が活用されています。

このような新たな基準設定の動きは、さらにつづくものとみられますが、当学会は、正確な情報提供やセミナーの開催など、技術的な問題解決を含めた社会的な要請にも応えています。

近年、近隣のアジア諸国からの食糧資源輸入量が増加し、マイコトキシン汚染の問題も新たな注目を集めています。当学会は、ISMYCOとしてすでに3回の国際シンポジウムを主催し、アジアにおけるマイコトキシン研究の成果共有やネットワーク形成に力を注いでいます。
(2016年 ISMYCOを東京で開催する予定です)
 コーデックス委員会での基準値
カビ毒   基準値  対象食品
 パツリン  50μg/kg リンゴジュース、原料用リンゴ果汁
 総アフラトキシン  15μg/kg 加工原料用落花生
 アフラトキシンM1  0.5μg/kg 牛乳
 総アフラトキシン  (15μg/kg) 加工原料用木の実、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
 総アフラトキシン  (10μg/kg) Ready to eat木の実、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
 オクラトキシンA  (5μg/kg) 穀類
基準値のカッコは検討段階である事を示す  

Last Update: 2016/06/29
All rights reserved by Japanese Society of Mycotoxicology
不許複製・無断転載を禁ず